2012年03月21日

花粉症だけじゃない。死の森。


杉・ヒノキの植林地は死の森

今年の花粉は例年より少なめらしくて、良かったですね。
僕も目に来る花粉症。併せて喘息なので、普通の花粉症とは少しベクトルが違いますが、結構辛いです。
杉・ヒノキの植林地といえば、花粉症!全部切っちまえよ!!と、感情的になってしまうものですがw
こう言うと、「花粉の出ない杉」とか、「間伐で手入れすれば」だとかで、論破されてしまいますのでw
もっと根本的にダメだという点を上げて、なるたけ早く植林地を無くすために、DISりまくってやろうという魂胆です。

1.花粉症被害
なんといっても最初に挙がるのがコレ。もう、詳しく説明する必要なんかないですねw
「花粉関係の薬のマーケティング市場が」なんて言う人は論外。
薬のマーケティング市場の落ち込み < 人が出歩かないことでの経済的損失
↑この差は歴然としてます。調べてみてねw
あと、言いたいのは、年を取ると免疫のバランスが変わって、アレルギーは出にくくなる。ってこと。
それに反して、杉は30年くらいで花粉を大量に巻き出すこと。
政治家、会社のお偉いさん、人口の年齢比率を考えると、国がなかなか動かないのも納得できるね。
若い人が体弱くなったとか抜かしてる政治家とか見てると、反吐が出るよね。自分たちにだけ被害が行かないように政策してきやがったくせにと。

2.害獣被害
杉林に行ったことある人なら分かると思うけど、杉林って「なんにもない」
杉以外はほとんど草も生えてない。もちろん山菜もなんも生えてない。キノコも生えない。
食うもん無さ杉。
野山の野生動物が、人里に下りてきて悪さをする原因は、この杉林なんだな。

杉伐採を自然破壊に結んで話す人、たまにいるけど、その人らに問いたい。
杉林って、自然ですか?
山に作った緑色した化学工場。それが杉林です。

3.水産業への影響
あんまり知られていませんが、前述の通り、杉林は生物の多様性を破壊することから、水産業にも影響することが最近分かってます。
簡単に言うと、山に杉を植えまくると、海で魚が取れなくなります。
山から流れ出るミネラル・栄養が、海には必要なんです。
漁獲量が減ってしまった港の漁師さんが、これに気づいて、広葉樹を植えたりする活動を展開してるのを、ご存知ですか?


まとめ
ざっと、こんな感じです。
ソースは……自分で調べてみてくれww
杉林ダメ!新しく植え替えるのもダメ!!

ほんと、拡散希望ですゎ。





近況報告
posted by 瀬戸 晴生 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月05日

[RDB]なんでもパッケージ化機能追加

今までは特定のファイルしかパッケージに含めることができませんでした。

このバージョンから、あらゆるファイルをパッケージに含めることが出来るようになりました。

このアップデートで、パッケージ化機能だけでも、Easy3Dの垣根を超えて、あらゆるゲーム、アプリケーションの開発に使えると思います。
試してみてください〜。



指のその後の経過
posted by 瀬戸 晴生 at 02:05| Comment(10) | TrackBack(0) | RokDeBone CS

2012年02月18日

サンプルにHSPを追加

HSP用のサンプルを追加して更新しました。ついでに他のサンプルのバグも解消してます。

手の具合は、ちょっと治りが悪いらしく、近いうち再手術だそうで。
入院もするみたいです。

将来、再生治療が進歩するといいな。
posted by 瀬戸 晴生 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | RokDeBone CS

2012年02月06日

手に大怪我してしまいました。

3月の末頃、インフルエンザで一週間入院していました。退院直後のつい先日、家事で電動丸ノコを使っていたら、手をまきこまれてしまい、左手の薬指がめちゃめちゃになっちゃいました。

やっと絶対安静から解放されて、片手で日記書いてます。

ギリギリ切断は免れましたが、関節と腱が吹き飛ばされてしまったので、二度と動かせないかもしれないらしいです。
利き手じゃないのでそれは幸いでした。

なので、しばらくプログラミングは激遅になるので、更新も遅くなってしまいます。
でも絶対諦めないので、どうかリハビリに付き合ってください。

posted by 瀬戸 晴生 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月18日

ゲーム用パッケージ機能を実装しました。

ゲーム用パッケージ作成機能を追加して、リリースしました。

ゲーム用パッケージを独自アプリケーション内で使用するためのライブラリとサンプルも、RokDeBone CSのページから、ダウンロード出来ます。

まだ、HSP用のプラグインが出来てません。
C、C++用とC#だけ先にリリースしました。

パッケージの暗号化には、RSA暗号化を使っています。
なので、公開キー方式です。
このへんについては、付属のドキュメントを読んでいただいて、その後はGoogle先生に聞いてくださいませw

次は、HSP用のプラグイン(ライブラリ)と、何でもパック機能を付けていきます。

もう、かなりMP減ってます。
次の作業に行きたいぉ。
posted by 瀬戸 晴生 at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | RokDeBone CS

2012年01月10日

パッケージファイル吐き出し機能の追加

パッケージファイル、吐き出し機能を追加して、リリースしました。

パッケージファイル(RRA)は、専用プレイヤー「3D Movie Player」で、再生することが出来ます。
UIは、たぶん、大多数の人が否応なしに使ってるであろう、WMPっぽくしましたw
名前は、僕が小さい時大好きだった、「3D Movie Maker」というソフトからリスペクトしました。

ピエロのRRAを公開したいとこなんですが。。作者様に問い合わせて、了承を頂けるかどうか。。

パッケージは、可能な限り暗号化してます。
100%解析不可にすることは、実質不可能なので、そこはアレですが、
swf(フラッシュのファイル)とかに比べたら、遥かにセキュリティは高いと思いますw

まだゲーム用のパッケージは吐き出せません。
内部的には完成してるんですが、設定のためのUIが出来てないのと、
ゲームから呼び出すためのDLLがまだ用意出来てないので、
それが出来たら、公開しようと思います。
たぶん、それほど時間はかからないと思います。


Kinectに2月1日になにやら、動きがありそうなので、それも楽しみ♪
というか、ハラハラかもしれないけどw


posted by 瀬戸 晴生 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | RokDeBone CS

2011年12月23日

C#用ラッパーライブラリの件の続き

原因が分かりました。

どうやら、コールバックのタイミングでPInvokeエラーが出ているようだ。
って、とこから、調べたら、
DllImportのCallingConventionを設定しなきゃダメということが分かりました。
眠いとダメですねw目覚めに調べたら、一発でしたw

例:

[DllImport("easy3d.dll", EntryPoint = "?E3DBye@@YAHXZ")]

   ↓

[DllImport("easy3d.dll", EntryPoint = "?E3DBye@@YAHXZ", CallingConvention = CallingConvention.Cdecl)]

たぶん、.NET Framework3.5の時点では、デフォルトの値がCdeclだったのが、4.0か4.5で、StdCallかなんかに変わったんだと思います。

というわけで、ライブラリ直しました。
ついでに、最新版にして更新しておきます。

posted by 瀬戸 晴生 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月22日

C#用Easy3Dラッパーライブラリが.NET 4.5で使えない。

タイトルの通り。

今気づいた。

なんか、DLLの呼び出しのとこで、PInvokeエラーが出てしまう。
呼び出しのシグネチャが合ってないとか。
なんか、変数の取り扱い規定が、3.5→4.5で、変わってしまったのか、
原因が分からない。。
というか、調べる暇もない。
誰か知ってる人助けてプリーズorz

対象のフレームワークを、3.5にすれば、問題なく動いたので、それほど急ぎじゃないんですけどもね。

今回、C++ CLI も久々に使ってみたけど、マジ使いづらい。。。
というか、インテリセンス動かないって、それじゃ意味ないじゃんよと。
前インテリセンス使えてなかったっけ??こんなに使いづらかった記憶は、無いんだけども。
結局、紆余曲折を経て、C#に戻ってきちゃった。

アンマネージドでフォームアプリ作ってる人、ほんとに尊敬する。

というわけで、
プレイヤーソフトは、とりあえずC#で作ることにしました。
HSP用のプラグインも作らなきゃいけないことを考えると、手間はそんなに変わんない。
別にC#でもいいや。
そのうち、ネイティブで作り直すと思います。たぶん。そのうちねw



posted by 瀬戸 晴生 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月16日

暗号化

ふぅふぅ。

パッケージ化、辛いよっ。
ふぅふぅ。

暗号化とか、もともと、専門じゃないので、四苦八苦してます。
でも、なんとかなりそうです。

気晴らしに日記書きたくなるくらい、僕のMPを減らすこの作業。。。
あぁ、辛い。。
posted by 瀬戸 晴生 at 16:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月10日

[RDB]リップシンク完成

とりあえず。サンプルをどうぞ。



今回のアップデートで追加された機能

・リップシンク
・シーンシンクロ
・タイムラインの「以降のフレーム選択」を、キーボードのFを押しながら、クリックで、対応。

リップシンクは、会話にも歌にも、アニメ調にも対応出来るようにしました。

シーンシンクロとは、シーンのタイムライン上のモーションとシンクロさせながら、モーションを編集出来る機能です。
音と合わせなくてはいけない、リップシンクの編集には、必須の機能です。
シーンのモーションを右クリックしてキーフレームのプロパティから、シーンシンクロを設定できます。

前回追加された、マルチレイヤーモーションと併せて使えば、更にパワフルですw

Fキー+クリックは、リップシンクの編集をしているとき、必要だったので付けました。

他にも、モーフの編集周りにあったバグ(というか、作りかけなの忘れてました(^^;
を解消したり、
タイムラインの描画の効率化とか、
見えないところもいろいろ変えました。

次は、パッケージ化機能に取り掛かります。
たぶん、同時にプレイヤーソフトも作るかもしれません。



posted by 瀬戸 晴生 at 10:48| Comment(2) | TrackBack(0) | RokDeBone CS